本文へ移動

先輩の声

営業部 西島 大輔

【出身】九州産業大学  産業経営学科 卒
【年収】非公開

これが私の仕事

営業(内勤)
私は、大手建設会社様を担当する営業部に所属しています。営業部が窓口となって建設会社から注文を受け、各店舗へ配達依頼をしたり、メーカーへの発注、納期確認をします。
注文を頂いた際に、“納期に間に合わない”“予算に合わない”という場合もありますが、その時は希望にそえる同等の商品を提案したりします。
すべて電話でのやり取りになるので顔が見えない分、正確な商品知識と応対の仕方、スピードには気をつけています。

だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード

指名されること!名前を覚えてもらえること!ありがとうの言葉!
私は以前、店舗で接客業をしていました。
店舗の頃と違い、電話でのやり取りなのでお客さまの顔は見えませんが、電話先で名前を覚えられ指名をもらい“ありがとう”の言葉をいただいた時は、今でも変わらず嬉しいです。
また、商品知識がなくて販売し損ねた商品を勉強し、次の機会に提案して受注できた時には、何とも言えない嬉しさがあります。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

元気な会社!
私自身、営業ではなく接客に興味があったこと、また地元で働きたい気持ちがあったため、当社の説明会に出席しました。
そこで社長の「どんな仕事でもなにかひとつ自分ができること、やりがいを見つけて楽しく仕事をすることが大切」という言葉が響きました。
説明会でのかねやすの印象は、社長をはじめ社員の方たちがとても気さくに話しかけてくださり、他社に比べると若い社員が多かったので「活気のある元気な会社」でした。
実際に入社してみると、社長や部長とも距離が近いので意見がしやすく、入社1年目から責任のある仕事を任せてもらえて、自由にのびのびと楽しく働ける職場です。

これまでのキャリア

店舗勤務(6年間)→営業部 係長(現職)
 
 
仕事のスタイル
臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人
一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの
新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
先輩からの就職活動アドバイス!
私は接客の仕事に就きたいと思っていたので、取り扱ってる商品にはこだわらず、とにかく接客業系の会社を色々探していました。
合同説明会などには様々な業種・職種の企業が参加しています。同じ業種・職種でも当然取り扱っている商品・仕事内容は違います。まずは幅広く視野を広げ、色々な会社の先輩方と話をし、素直にいいなと思った会社の商品に興味を持ち、自分をアピールしていくことが大事だと思います。頑張ってください!!

営業部 鶴田 純也

【出身】福岡大学  商学部 商学科 卒
【年収】非公開

これが私の仕事

やってみないと結果は分からない。だから挑戦し続ける。
私は営業として建設現場をまわっています。お客様は、ゼネコン、工務店、土木店、大工さんや左官屋さんなど企業から個人まで。かねやすは店舗を構えていますが、現場まで配達もしており、スピーディな対応がお客様から支持されています。私が仕事をする上で大事にしていることは、経験がなくてもやってみること。入社後は商品の片づけや配達など商品を覚えることから始めるのですが、私は何の知識もない中で「早く現場へ営業に行かせてほしい!」と先輩に懇願して、「そんなにやりたいならやってみろ」と営業をさせてもらいました。若い社員がのびのびと働ける、また意見が言える、そんな働きやすい環境です。

だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード

私の人間性が契約に繋がる。それが営業の醍醐味。
入社5年目の時、取引がない建設現場に2週間毎日通い、「1週間だけ試しで使って下さい」と売り込みをして取引を始めて頂きました。その1週間で当社の対応の速さや便利さを感じて頂き、全面的に当社と契約をしていただくことになりました。その際、現場を仕切っている主任の方から突然呼び出され、「うちに営業に来てくれてありがとう。こんな風に思ったのも、言ったのも初めてだよ。」とお礼を言われたのです。営業活動をしてきてこんな事を言って頂いたのは初めてだったので、とても感動しました。会社の知名度や価格ではなく、私という人間を買っていただき、商品を発注して頂けることが嬉しいですし、営業のやりがいだと感じています。営業の仕事は会社と会社ではなく、人同士の信頼関係で成り立っているので、誠実さや行動力が重要だと思います。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

社長をはじめ、団結力・チームワークがある社員たち。
就活当初から福岡で働きたいと思っていたところ、合同説明会で当社に出会いました。採用担当者をはじめ、社員、さらに当時は専務だった現社長とも話をすることができました。大学生なら「専務」って聞いただけで怖気づくものですが、俗に言う「お偉いさん」みたいな高圧的な態度は一切なく、野球の話で盛り上がったことを覚えています。面接もフランクな感じで雑談が中心。緊張することなく、素の自分のままで会話ができたのです。「この人たちの下で働きたい。この会社なら自分らしく働ける」と思い、全ての会社の選考を辞退しました。
当社は、営業個人に売上目標が課せられることはありません。店舗全体で目標達成を目指します。この会社の好きなところは、「やる気のない人はひとりもいない」こと。チームワークが良く、団結力があります。

これまでのキャリア

野芥店 営業→福重店 次長→営業部 課長(現職)
 
 
職種系統
営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身
生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル
多少のリスクにも果敢にチャレンジする精神が必要とされる仕事
仕事でかかわる人
企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの
交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格
何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事
先輩からの就職活動アドバイス!
失敗するのは当たり前だと思います。
やらずに終わるのではなく失敗を恐れずに、とりあえずやってみる精神が大事。
目標に向かって努力する素直さが重要です。

福重店 営業 石津 章男

【出身】福岡大学  法学部 法律学科 卒
【年収】非公開

これが私の仕事

自分の仕事に時間を割かないよう、効率的に仕事をする。
店舗での接客と商品の在庫管理(仕入れ発注や陳列)が主な業務になります。また、商品の使い方の説明や「こういう場合にはどういう商品を使ったらいいのか」というお客様からの問い合わせ電話も多いため、メーカーに確認をしたり、取扱いのない商品を調べることも日々あります。商品知識を豊富に身に着けることが必要な仕事です。また後輩のフォローやアドバイスをする立場であるため、極力自分の仕事に時間を割かず、効率的に仕事をスピーディに進めることを心掛けています。
店舗に来られるお客様の接客をする際は、丁寧な言葉使いをすると身構えられてしまうため、敢えて砕けた言葉で会話をすることでお客様の心をほぐす努力をしています。こちらが心を開いて接客することが大事です。

だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード

ネットで安く買える時代…それでも私から買いたいと言って下さること。
現金でのご購入ではなく、銀行口座でのお取引をしていただけることは、会社としてお客様からの信頼を得ている証。大工さんや左官屋さんなど職人の方が口座で取引を始めて下さることは、うれしいことのひとつです。またネットで安く購入することが出来る時代ですが、「石津さんから買いたいから」と値段が高くても、私を指名して注文頂くことが仕事のやりがいです。かねやすという会社ではなく、私自身を信頼してくださり、頼りにしてくださることがありがたいですね。
私はかねやすに入社して、DIY(日曜大工)を始めました。趣味であるDIYの知識を仕事で得られたり、またその知識を活かしてモノづくりができるのはとても楽しいです。仕事を通して趣味ができ、仕事と趣味が繋がったことで、仕事がますます好きになりました。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

社長が社員のために、働きやすい環境や温かい社風を作り出している。
面接を受けたときに面接官同士の仲の良さが見えたんです。他社では社員同士の会話を聞く機会がなく、「人間関係はどうなんだろう」と不安を持っていましたが、当社の面接は社員の関係性の良さを感じました。また部長面接も他社とは違い、お互いに親近感や興味を持って会話ができました。志望動機は聞かれず、私自身のことについて色々教えてほしいという姿勢で、面接をされている雰囲気ではなかったです。そんな社風の良さが入社を決めた理由。実際、友人の会社の話を聞いたりすると恵まれている環境で働いていることを実感します。当社の社風は、社長が作ってくださっているのです。社員の声を吸い上げて新たに福利厚生を作って下さったり、社長自ら飲み会を開催して意見を聞いて下さったり、常に社員が働きやすい環境を考えてくださっています。

これまでのキャリア

野芥店 営業→福重店 営業(現職)
 
 
職種系統
営業(個人向け・得意先中心)
仕事の中身
日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル
臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人
その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの
上質のサービスや商品に接し、知識・教養が深まる仕事
特に向いている性格
ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕
先輩からの就職活動アドバイス!
私は仕事内容についてどんなに説明会で話を聞いても、会社訪問をしたとしても「はたして自分にできるのだろうか」という不安が拭えませんでした。実際に働いて分かるのは、入社前に仕事を理解することは無理だということ。就活の段階では「人」を見て会社を決めることが第一だと思います。会社側も学生の人間性を最も見ていると思います。自分を作りこまず、ありのままでコミュニケーションが取って、自分に合う会社を見つけて下さい。
TOPへ戻る